本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルと沈黙のFIVE LIARS.7  第二部  事件編③

2022-06-13
また次の日になった
朝出勤すると花子さんが既に事務所で仕事をしていた
 
「おはようございます」
オレは花子さんに挨拶をした
 
「お‥‥…、、おはよう……」
「………………………」
花子さんが挨拶を返した
 
しかし…昨日よりも明らかにテンションが低い
 
昨日はあんなに元気だったのに…
本当に女性の心は分からない……まるで宇宙のようだ…
 
それに…他にも何か花子さんに違和感を感じる
何かが昨日とは違う気がする……
 
まぁそれよりも仕事と事件解決が重要だ!!
オレは気合を入れながら派手な黄色のジャンパーに袖を通す
相変わらず派手なジャンパーだ……
 
………………………………
………………………………
 
次は見習い君が出勤してきた
 
彼はまず花子さんに挨拶した
 
「おはようございます花子さん」
「あれ、今日はイヤリングしてないんですね」
「どうしたんですか?」
「恋人と喧嘩でもしたんですか?」
「元気だして下さいね」
「今日もいっしょに頑張りましょうね」
 
彼はそう言って自分の席に向かって歩いて行った
 
………………………………
 
こらこら見習い君……恋人と喧嘩したとか……そんな傷口をえぐるようなこと……ストレートに言っちゃだめでしよ……
 
本当に彼は空気が読めない
そんなこと…直接本人に言ったら怒るに決まってるじゃないか
思ったことがすぐに口に出るんだなぁ…
ダメだよ…もうちょっと考えてから話しましょうね♪
 
………………………………
 
オレは恐る恐る花子さんの様子を見てみる
 
あー睨んでる睨んでる
花子さんの見習い君への怒りはほぼ頂点に達していた
 
こりゃだめだ……知ーらない……今日の花子さんは一日中機嫌がよろしくないぞ……
オレはさじを投げた!!
 
しかし…そうか…
花子さんは、今日はイヤリングを付けていなかったのか!!
だからオレは、今日の花子さんに違和感を感じたのだ
 
オレの疑問が解消された
見習い君グッジョブ!!!!
でも次からはもう少し人の気持ちを考えて発言しましょうね……♪
 
………………………………
………………………………
 
疑問が解消したことで、オレは事件解決に集中することにした
 
昨日の課長と主任の様子は何だったのだ
オレはパンクの原因が虫ゴムの破れであることを伝えただけだ
2人の反応は明らかにおかしかった
まるで何かに怯えているようだった
 
一体どうなっているというのだ‥
そんなことを考えながら業務を行う
 
そして…昨日の報告後に課長に怒られたことはまだ納得が出来ない…オレは執念深くてしつこいのだ!
 
………………………………
………………………………
 
主任は出勤するやすぐに、昨日届いた車イスの納品に行った
課長も早々に見習い君を連れて営業に出ていった
 
なにか嫌な空気がこの南支店に漂っている
 
大きな災いが降りかかろうとしている気がする
 
オレはそんな予感を感じていた
 
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
 
その日はそのまま夕方になった
災いは特に起こらなかった
 
プルルルプルルルプルルルプルルル
 
オレが安心していると、事務所に一本の電話が鳴った
オレはその電話に出た
「ありがとうございます。AVECのスグルでございます」
 
「靴の注文をしたいのだが……」 
どうやら靴の注文のようだ
 
オレはレンタル事務で、販売品の担当事務は花子さんだ
オレは花子さんを探したが、どうやら他の電話に出ているようだ
営業の皆さんは外に出ているので誰もいない…
オレは自分で電話の要件を確認することにした…
 
オレは注文を確認する
「ありがとうございます。商品はお決まりでしょうか?」
 
「ほしいのは□□だ」
 
電話の相手が答えた
「商品は□□ですね?…ありがとうございます……その商品であれば現在南支店に在庫がありますので明日中にはご納品できるかと思います」
「ご希望の訪問時間はございますでしょうか?」
オレはマニュアル通りに電話応対を進めた
販売事務もなかなかいけるな!!…オレは自分の才能に酔いしれていた…
 
「13時だ」
電話の相手が答えた
 
「13時ですね?…かしこまりました…では訪問する担当営業に今の件を連絡させて頂きます‥…何か変更点があれば営業から連絡させて頂きます」
「ではありがとうございました……失礼致しま‥………」
 
オレが電話を切ろうとすると、電話の相手がまだ話しかけてきた…
「今度は時間を間違えないでくれよ!!!!」
 
 
「………」
「と……申されますと………」
よく分からないのでオレは質問した
 
電話相手は一気に話し出した
 
「だから今回は時間を間違えないでくれよと言っているんだ!!」
「前回も13時に約束していたのに、1時間待っても全然来やしない!!!結局来たのは14時30分だ…」
「やっと来たと思ったら……謝りもせずにいきなり商品を納品しようとしやがった…」
「オレは頭にきてその場で怒鳴りつけてやったんだ!!!!」
「まぁその場でしっかり謝罪をしてくれたから、こうしてまた注文しているわけだが………」
 
………………………………
訪問時間のミス……クレーム
………………………………
 
 
どこかで聞いたことがある話だ
………………………………
そうか…そうだ……この南支店で起こった連続事件の最初のケース……
ホープ君が訪問時間を間違えた事件だ!!!!
 
なんと電話の相手は、ホープ君の一件目のクレームの利用者様だったのだ!!!!



 
続く
 
TOPへ戻る