本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルと沈黙のFIVE LIARS.1 第一部 序章編①

2022-03-11
【5年前】

キキキキィィィーーー!!
1台の車が大急ぎで事務所に戻ってきた…
 
「課長、引き取って来ました!!」…
そう言って、営業マンが車から1台の車いすを降ろす…
 
「これは想像していたよりヒドイな」
課長が車イスの様子を確認する‥
 
「利用者様もカンカンですよ!!明日までに対応しないとかなりマズい状況です」
営業マンがかなり困っている
「課長、交換分は用意出来ないんですよね?どうしましょう?」
 
課長がしばらく考えた後で、重い口を開く
 
「そうだ!! その商品は今は在庫がない!! 」
「今回は残念ながら同機種交換をすることは無理だぞ!!」
 
周囲に絶望が走る
 
………………………………
………………………………
 
課長が誰かに電話をしている…
課長がその電話を切ったあとに話し始めた
 
「まぁでも安心してくれ…」
「今回は彼が来てくれることになった…」
 
オオオオーーー!!!!!
周りから拍手と歓声が上がる
 
「もうすぐ到着する頃だ」
「彼の予定が空いていて本当に助かったよ」
 
そうやって事務所で話し合っている間に、一台の車が南支店に到着した!!!!
 
一人の男が車から降りて、そのまま事務所に入って来た
手には工具箱を持っている
 
「待っていたよ」
 
課長が歓迎する
「交換分の商品も無くて困っていたんだ…」
「でも君が来てくれればもう大丈夫だ」
 
周りも全員安心している
まるで先程の絶望などなかったかのようだ
それほど彼の信頼は絶対なのだ
 
課長が話を続ける…
「あまりゆっくり話している時間もない!!」
「それではさっそく始めてくれ!!」
 
任せたぞ!!…修理屋!!…
 
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
 
 
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
………………………………
 
【現在】

オレはスグル
電車に揺られて一時間……
本日も株式会社AVECの南支店事務所に出勤だ
 
「おはようございます」
 
周りの社員に挨拶をしながら、まずはパソコンの電源ボタンを押す
パソコンが起動するのを待ちながら、オレはAVEC社の黄色いジャンパーに袖を通す
「しかしいつ見ても派手なジャンパーだ……」
業務には慣れてきたが、この服にだけはまだ抵抗がある
 
「それでは本日の朝礼を始めます」
当番の声がフロアに響き渡り、やがて朝礼が始まる
 
「株式会社AVECの社是を唱和します」
号令に合わせて、部署全員で社是を唱和する
 
「挑戦と創造。夢や希望は実現する…‥…」
社是の唱和が始まる
オレも覚えたての社是を周りに合わせて言う
 
ようやく社是を唱和し、それと同時に朝礼も終わる
 
朝礼が終わり、自分のデスクに戻る頃にはパソコンも起動していた
席に座りオレは気合を入れる
こうして今日も事務としてのオレの一日が始まるのだ
 
レンタル事務屋スグル
それが今のオレに与えられたミッションだ

続く
TOPへ戻る