本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルと戦慄のパーキングミッション ⑦トゥルーミッション

2022-02-24
つい先程まであんな激闘があったとは思えない
まるで嵐の後の静けさのようだ
 
オレはこの車いすのブレーキを完全に修理した
ついにオレはやり遂げたのだ
 
両腕がボロボロだ
スグルハンドも限界だった
やはりまだ器が完成していない
まだまだ修行が必要だ!!
 
 
…………………………………………
…………………………………………
 
しかしまだ戦いは続く…
本当にブレーキ調製が完了しているか確認する必要があるのだ
 
 
確認ポイントは2つだ
 
ある程度空気が減った状態でもブレーキがしっかり掛かっている
空気をパンパンに入れた状態でも力を入れずにブレーキを掛けることが出来る
さらに②に関しては、
ブレーキを掛けたことで、過度な負荷が後タイヤにかかっていないかも確認する必要がある
ブレーキに押されてタイヤが変形してしまうケースがあるのだ
 
自分に厳しく、人には優しく……
そして車いすには特に優しく……
これがオレのポリシーなのだ!!
 
 
…………………………………………
…………………………………………
 
とにかく…
この確認が終わらない限り、今回の修理が完成したとは言えない……
修理の道は過酷なのだ……
 
 
まずは、……
空気が減った状態でもブレーキがしっかり掛かっているか確認する
 
オレはブレーキを掛けた状態で徐々に空気を抜いていく
 
すると、どうだ……
まったくタイヤは動く気配すらない
ブレーキはずっと掛かり続けたままだ
 
ブレーキが完全にタイヤをロックし決して離さない
その姿はまるで情熱的に抱き合う恋人同士のようだ
 
残された難題はあと一つだ
 
オレは②の
空気をパンパンに入れた状態でも力を入れずにブレーキを掛けることが出来るかと、
ブレーキを掛けたことでタイヤが変形していないかを確認する
 
一応手順通り確認を行うが、……
今のオレにもはや不安要素ははない
オレが想定した出来事が予定通りに起こるだけだ
 
オレは空気をパンパンに入れた状態でブレーキを掛ける
 
当然の結果なのだが…
特に力を入れなくてもブレーキを掛けることができた!!
もちろんタイヤに負荷もかかっていない
 
な、、なんと優しいのだろう……!
まるで優しく我が子を抱きしめる母親のようだ
愛情に満ちあふれている
 
…………………………………………
…………………………………………
 
どちらの確認も行ったが、全く問題無しだ!!
やはり今回のブレーキ調整は完璧だった!!
 
これで修理完成だ!!
ミッションコンプリートだ!!!!
 
 
 
…………………………………………
…………………………………………
 
 
今回はほんとうに厳しい戦いだった!!
 
しかし…
これからも戦いは続く…
 
いつまた…
これより恐ろしい敵が現れるか分からない…
 
もっと修行が必要だ!!!!
オレは心にそう誓った!!
 
 
 
…………………………………………
…………………………………………
 
 
 
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………

 
 
 
実は今回はこれで終わりではない…
 
オレにはもう一つやらなければいけないミッションが残っている…
 
…………………………………………
…………………………………………
 
それは……
 
 
…………………………………………
…………………………………………
あの営業への修理完了報告だ
…………………………………………
…………………………………………
 
これを果たさずして、今回のミッションを終えることは出来ない
オレに課せられた最後の試練なのだ…
 
…………………………………………
…………………………………………
 
彼には本当に迷惑をかけた‥
いくら謝罪しても足りないだろう…
 
しかし、彼のおかげでオレは今回の修理を完成させることが出来た
彼のお客様に対する誠実さと必死さがオレを変えたのだ…
 
彼はオレを受け入れてくれるだろうか……
許してくれるのだろうか……
 
…………………………………………
…………………………………………
 
オレは報告のために彼を探しに行く
彼は2階にいた
 
…………………………………………
 
…………………………………………
 
「オレは別にセンスを武器に大成功したかったわけではない」
 
「決して大それたことは考えていない」
 
「オレの望みは……たった一つ‥」
 
「たった一つだけ……」
 
「それは……」
 
「人から認められたい」
 
「たったそれだけだ」
 
…………………………………………
…………………………………………
 
 
オレはまず彼に謝罪をした
そして故障の原因を説明した
それから修理した車イスを確認してもらうために、一緒に作業場に移動した
 
 
…………………………………………
…………………………………………
 
「オレはセンスが無いことに甘えていた」
 
「いつも困難から逃げていた」
 
「ほんとうにダメな人間だった」
 
「しかし彼のおかげで変わることが出来た」
困難に打ち勝つことが出来たのだ」
 
「だから……」
 
「ほんの少しだけでいい‥…」
 
「今のオレを認めてくれはしないだろうか……」
 
「たった……一言だけでもいい…」
 
「オレを認める言葉を発してくれはしないだろうか‥…」
 
「彼の口から聞きたい…‥」
 
「オレが戦士と認めた彼の口から…‥」
 
…………………………………………
…………………………………………
 
 
 
一緒に作業場に移動し、もう一度彼に修理した内容を報告した
 
彼はそれを黙って聞き終えた後に、車いすを触り始めた
 
本当に修理が完了しているか自分自身で確認しているのだ
 
彼は念入りに念入りに確認している
 
ようやく点検が終わった
 
その場に静寂と緊張感が訪れる
 
オレは彼が話し始めるたのをただ待つ…
 
…………………………………………
…………………………………………
 
ようやく彼の重い口が開いた……
 
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
 
「確かに修理は完了しているな」
 
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
 
彼はその一言だけを言い、その場を立ち去った
 
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
 
「世の中はそんなに甘くなかった」
 
…………………………………………
…………………………………………
彼がオレを認めてくれることは決して無かった
…………………………………………
…………………………………………
オレは悲しみで胸が張り裂けそうになった
 
 
しかし、オレが今回の一件で成長出来たことは紛れもない事実だ
 
 
「何度でもチャレンジすればいいだけだ」
「彼に認めてもらえるまで、精一杯努力し続けるんだ」
 
オレは心に固くそう誓った
 
 
………………………………………
…………………………………………
 
 
昼休みになり、オレは2階に移動する
 
作業場は1階にあるが、事務所は2階にあるのだ
 
「いちいちへこんでいても仕方がない」
 
「昼ご飯でも食べて、午後からまた頑張ろう!!」
 
…………………………………………
…………………………………………
2階のオレのデスクに移動する
…………………………………………
…………………………………………
すると、何か見覚えのない物が置いてあることに気が付いた
…………………………………………
…………………………………………
遠くからでそれが何かはまだ分からない
…………………………………………
…………………………………………
まさか…‥また修理依頼か?……
…………………………………………
…………………………………………
 
…………………………………………
…………………………………………
デスクに近づいてようやくそれが何かが分かった
…………………………………………
…………………………………………
そこには1杯のコーヒーが置かれていた
…………………………………………
…………………………………………
またメモが貼られている
…………………………………………
…………………………………………
「今回はお疲れさまでした。本当に助かった。また今後も期待している。頑張ってくれ」


…………………………………………
…………………………………………
 
 
 
 
 
…………………………………………
…………………………………………
オレは胸が熱くなる
…………………………………………
 
送り主が誰かはすぐに理解することが出来た
 
…………………………………………
…………………………………………
 
「彼が少しでもオレを認めてくれたのだろうか…」
 
…………………………………………
…………………………………………
 
考えている間にオレは涙が出そうになった
 
…………………………………………
…………………………………………
 
オレの身体は今まで感じたことのない気持ちで張り裂けそうになった
 
…………………………………………
…………………………………………
 
その感情を、言葉で表現することなどは決して不可能だろう
 
…………………………………………
…………………………………………
 
そして…
オレの中に確かな変化が起きるのを感じた
 
…………………………………………
…………………………………………
 
それは、
 
そうそれは…
 
…………………………………………
…………………………………………
 
それは‥‥
…………………………………………
…………………………………………
まるで……
…………………………………………
…………………………………………
 
まるで、
今までオレの心をずっと縛り続けていたブレーキが…一気に全て解除されたような感覚だった
 
 
…………………………………………
…………………………………………
オレの中の何かが動き出した…
全てが開放されたような感覚!!
新しく生まれ変わった気分だ!!
…………………………………………
…………………………………………
 
……………………
……………………
 
 
…………………………………………
今回の一件で…
…………………………………………
オレは不可能と思っていたブレーキの修理を完成させた……
…………………………………………
と同時に、…
…………………………………………
オレをずっと制御し続けていた、…
自分の中の心のブレーキを破壊することにも成功した
…………………………………………
…………………………………………
 
 
 
…………………………………………
…………………………………………
つまり…これで……
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
今回のオレのパーキングミッションは全て完了だ!!
…………………………………………
…………………………………………
…………………………………………
 
修理屋スグルと戦慄のパーキングミッション
 
ブレーキ位置写真
TOPへ戻る