本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルと戦慄のパーキングミッション②シンク

2021-11-15
業務開始早々に車椅子の修理依頼だ
 
忙しい時期の修理依頼はさすがに厳しい場合もある
いくら修理道を極めるためとはいえ、忙しい時に通常業務以外に仕事が増えるとなかなかつらい
 
しんどい時はしんどい
オレも人の子なのだ
 
しかし今は落ち着いているし余裕もある
 
ようこそいらっしゃいませ!!
今日のオレはやる気まんまんだ!!
 
早く片付けて普段の業務に戻るとしよう

 
まずは、
修理依頼の確認だ
メモにはこう書かれている
 
【駐車ブレーキの効きが悪い】
 
駐車ブレーキというのは車椅子を固定する際に使用するブレーキだ

主に立ち座りや移乗動作の際に使用し、
車椅子が動かないように固定する車のサイドブレーキみたいなものだ
               固定方法
実際にこの車いすのブレーキの状況を確認してみよう
 
オレはブレーキレバーを後ろに引く
するとそれに合わせて、ブレーキ部分が後タイヤに当たり、
車いすが動かないようになる
 
ブレーキの仕組みとしては、
このようにタイヤを押さえつけて固定する場合がほとんどだ
              ブレーキ確認方法
次に、ブレーキが効いているかを確認していこう
確認方法は色々あるが、オレは主に2つの方法でブレーキの効きを確認している
 
 
①つ目は
ブレーキを掛けた状態で、後タイヤを持ち上げる。
この時にタイヤが動かないようなら、しっかりブレーキが効いているということになる
問題なしだ
逆に、持ち上げた際にタイヤが回転して動くようなら問題ありだ
ブレーキの押さえつけが甘いということで、ブレーキは効いていないことになる
 
②つ目は
実際にブレーキをかけた状態で立ち座り動作を行い確認する方法だ
動作の振動でタイヤが動かないようなら、ブレーキが効いているということになり、タイヤが動けばブレーキは効いていないということになる
 
今回はどうだろろうか?
オレは2つの方法で確認する
 
まずはブレーキを掛けて後タイヤを持ち上げる
よし!!
タイヤが動いている!!
 
次にブレーキを掛けて立ち座り動作を行う
こちらもクルクルおタイヤが回っている!!
 
ということで、この車椅子の駐車ブレーキは効いていない
まあ、その理由で修理依頼なのだから当たり前だ
 
 
さてどうやって修理していこうか!? 
 
ブレーキが効いてない場合はまず後タイヤの状態を確認するのだが…‥‥
 
話がかなり長くなるので、今回は省略することにしよう
タイヤが万全の状態なのに後タイヤが動くとなると、ブレーキを調整して修理するしかない
駐車ブレーキの調整だけならそんなに難しくはないし、別にセンスが求められるものでもない
センスという特殊能力を持っていないオレでも対応可能なのだ
 
※※※※※※
修理内容量を日記にする作業というのは結構大変なのだ
文章を書くのだけでも大変だし、写真の加工もまあまあ時間を要する
わざわざ説明を増やして自分を苦しめる必要はない
決して手を抜いているわけではない
オレは既にとても頑張っているのだ
※※※※※※
 
 
           タイヤ状況確認ポイント
ということで、
今回の後タイヤは万全な状態だが、
場合によっては空気を入れるだけで修理できるケースもあるので、ブレーキが効かなくなったら、
まず空気は入れて一度確認して頂きたい
 


次回に続く
TOPへ戻る