本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルとフットレストの陰謀③(思考解決編)

2021-09-13

まさか平和な日々にこんな事件が待っていようとは・・

しかしこのままでは終わない
このままではこの車椅子を使用した利用者様がケガをされてしまう
必ずこの事件を解決しなければならない

絶望の底に落ちたオレに闘志が湧いてくる
まずは頭の整理からだ
もう一度事件を整理してみようか
 
 
★足置き事件内容
・車椅子の足置きが少しの振動で下に落ちてしまう
・この状態で、立ち座りや移乗動作中に足置きが落下してしまう
・動作中につまずいて利用者様がケガをされる可能性がある

どうしてこのような事件が起きてしまったのだろうか?
 
現場をよく観察して見ることにしよう
現場に証拠が隠されているのがサスペンスのセオリーだ
コ〇ンも金田〇少年もホー〇ズも事件を解決に導いている
オレも彼らに習うとしよう
 
オレは足置きを色々な角度から分析する
どこかに事件解決のヒントは隠されていないだろうか?
・・・・
・・・・
上から見ても横から見ても何のヒントも見つけることが出来ない
・・・・
・・・・
所詮オレの実力はこの程度だったのか
修理屋の名が聞いてあきれる
・・・・
・・・・
 
 
仕方ないあれを使うか
 
……スグルアイ発動………
 
もう一度足置きを見てみる
内部まで透けて見える
 
おや!!
底の部分に先程は見えなかったネジのような物が見えるぞ
………
………
息が急に荒くなる
………
………
スグルアイは今回はここまでにしておこう
………
………
長く使いすぎると生死に関わる!!!!
オレは息を整える
車椅子をひっくり返し、足置きをもう一度確認してみよう
 
車椅子をひっくり返して足置きを見た際に、一つの物体がオレの目に飛び込んできた
・・・・
・・・・
なんだこのネジは
・・・・
・・・・
こんな所にネジが隠されていたのか?
やはり現場はよく観察する必要があるのだ
恐る恐るオレはそのネジをドライバーで外す

このネジは一体何の為に使われていたのか?
そんな事を考えながら足置きを触っていると、今度はなんと足置きがスポッと抜けてしまった
そーかあのネジは足置きが抜けないようにするための物だったのか?

呆気にとられながら、オレは外したプレートの方に目を向ける
またまたある物体が私の目に飛び込んできた
・・・・
・・・・
プレートの中に何かがある!!
・・・・
・・・・
恐る恐る私はその物体を取り出します

・・・・
・・・・
これは板だ!!!!
・・・・
プレートの中に薄い板が入っている
・・・・
こんな所にトリックが隠されていたのか!!
この板は一体何のために存在するのだろう?
オレは考える
もしかしたらこの板があることで、足置きが下に落ちないのではないか?
簡単に落ちないように抵抗を掛けているのではないか?
さらに良く観察するとこの薄い板が少し曲がっているように見える

オレはその時ひらめいた
まさか使用している間に板が変形していたのではないか?
推理が加速する
板が変形したことで、抵抗力が無くなり、少しの衝撃で簡単に足置きが落ちてしまうのではないか?
オレの頭脳が極限に達した時、ある案が浮かびあがった
 
・・・・
・・・・
この板を新品に交換しよう
・・・・
・・・・
板を新品に交換すれば、抵抗力が復活し、衝撃を加えても足置きは落下しないはず

 
新品の板を用意して、足置の中にはめ込む
そして足置きを車椅子の中に差し込み固定ネジを締め付ける

これで準備は整った
これで衝撃を加えて足置きが下に落ちなければ事件解決だ
もしまた落ちるようならこの迷宮入りだ
コ〇ンも金田〇少年もホー〇ズも事件を解決することはできないだろう
同時にオレは再び絶望の中に落ち、二度と立ち上がることは出来ないほどのダメージを負うことになるだろう
 
しかし逃げるわけにはいかない
これが修理屋のオレに課された宿命だ
・・・・
覚悟は決まった
・・・・
後はオレの推理を実証するのみだ
・・・・
衝撃を加えるために、恐る恐る車椅子を持ち上げる
そして衝撃を与える為に車椅子を持っている手を離す
運命の一瞬だ

・・・・
・・・・
頼む、足置きよ落ちないでくれ
・・・・
・・・・
ドン!!!!
・・・・
前輪に落下の衝撃が加わった
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
どうだ
・・・・
・・・・
・・・・
落ちていない!!!!
・・・・
・・・・
先程までは簡単に下に落ちていた足置きが、見事に折り畳まれた状態でキープされている
 
その後に立ち座り動作や、足置き手で払ってみても全く動かない
折り畳まれた状態で微動だにすることはない
その姿はまるでそびえ立つタワーのようだ
なんと頼もしく気高いのだ
 
これで事件は解決だ
これなら利用者様も安全に使用することが出来るだろう
 
 
その日はあんな事件があったことが嘘のように静かにすぎた
 
部署の終礼が終わり本日の業務は終了だ
 
作業服からスーツに着替えながら本日の出来事を振り返る
 
こんな事件はもうコリゴリだ
しかし真の事件とは利用者様が安全に安心して車椅子を使用出来ないことだ
その意味では事件は未然に解決出来たのかもしれない
 
利用者様にこれからも安全に車いすを使用して頂きたい
 
そんな思いがオレの頭の中にふと現れた
 
そのためにオレに出来ることは一つしかない
オレが出会う全ての車いすを安全に整備する
それが修理屋として生まれたオレの運命なのだ
 
そう誓いながら会社をあとにする
 
そのオレの心を表すように………
 
…………
 
外にはヒマワリが咲いていた
TOPへ戻る