本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

修理屋スグルとフットレストの陰謀(①序章編)

2021-07-02
俺の名は才本卓。

株式会社ウィズに入社して17年目で現在は車椅子の整備と消毒を
担当している。

本日も電車に揺られ東大阪センターに出勤だ。
同じ時間に電車に乗って、同じ時間に出勤して同じ日々を送るのは実に美しい。
平穏な日々は何と美しいんだ。

同じように一日が始まり同じように一日が終わる。
これが私の美学だ。

そんな思いを抱きながら本日も東大阪センター事務所着に到着だ。
今日も平和な日々を送りたいものだ。
9時から業務開始だが、少し早めの8時20分にオレは出勤する。

少し余裕を感じながら作業服に着替えて準備を行い、徐々に9時からの業務に向けて集中力を高めるのだ。
この時間が重要で仕事がうまくいくかはこの時間次第なわけだ。
 
今日も完璧に準備完了だ
さあ、9時からベストを尽くそうか
 
朝の打ち合わせも終わり業務開始だ。
まず1台目に点検する車椅子を選ぶとしよう。
この1台目が重要で、流れに乗れるかは最初の車椅子に全てかかっている。

慎重に慎重に車いすを選ぶ
 
その時、1台の車椅子と目が合った。
この車いすなら間違いないとオレは確信した。
きっと今日1日の流れを決めるのにふさわしい車いすなはずだ。
1台目はこの車いすにするとしよう。
作業場に車いすを運び、点検開始だ。

この1台が上手くいくかで私の一日が決まるわけだ。

慎重にまずブレーキから点検する。
車椅子の破損箇所はブレーキが多く、ここさえクリアすれば一気に流れに乗ってくる。

緊張感を持ちながらブレーキレバーを握る。

ゆっくりブレーキ部分がタイヤに当たり、後輪の動きを止める。

これで後輪が動かなければブレーキは効いており、ブレーキ点検という最大の難問はクリアしたことになる。
・・・・・
・・・・・
バッチリ効いている
タイヤが少しも動かない
これでブレーキ点検は問題なくOKだ。
 
最大の難所をクリアしたことで、気持ちが向上していく
さあここから一気に点検していこうか
先程の緊張が嘘のように、順調に整備が進んでいく
 
今日も素晴らしい1日になる
そう確信した
・・・・・
・・・・・
・・・・・
しかし後にあんな事件が起きるとはこの時はまだ知らなかった‥‥…
・・・・・
・・・・・
・・・・・
恐るべき魔の手が襲いかかろうとしていた。
TOPへ戻る