本文へ移動

福祉用具消毒メンテナンス

レンタル福祉用具を次の方に安心して利用していただけるように
管理された【消毒 洗浄 メンテナンス 保管】を行なっています。

全てのレンタル商品はバーコード管理がされており
商品入荷時より 【出荷・引取・消毒・保管・廃棄】までを
管理しています。(帰歴管理)


⬇︎消毒・メンテナンスの詳細な工程はこちら⬇︎
  ⬇︎日々の消毒メンテナンス作業の様子をアップしております⬇︎

修理屋スグルとフットレストの陰謀③(思考解決編)

2021-09-13

まさか平和な日々にこんな事件が待っていようとは・・

しかしこのままでは終わない
このままではこの車椅子を使用した利用者様がケガをされてしまう
必ずこの事件を解決しなければならない

絶望の底に落ちたオレに闘志が湧いてくる
まずは頭の整理からだ
もう一度事件を整理してみようか
 
 
★足置き事件内容
・車椅子の足置きが少しの振動で下に落ちてしまう
・この状態で、立ち座りや移乗動作中に足置きが落下してしまう
・動作中につまずいて利用者様がケガをされる可能性がある

どうしてこのような事件が起きてしまったのだろうか?
 
現場をよく観察して見ることにしよう
現場に証拠が隠されているのがサスペンスのセオリーだ
コ〇ンも金田〇少年もホー〇ズも事件を解決に導いている
オレも彼らに習うとしよう
 
オレは足置きを色々な角度から分析する
どこかに事件解決のヒントは隠されていないだろうか?
・・・・
・・・・
上から見ても横から見ても何のヒントも見つけることが出来ない
・・・・
・・・・
所詮オレの実力はこの程度だったのか
修理屋の名が聞いてあきれる
・・・・
・・・・
 
 
仕方ないあれを使うか
 
……スグルアイ発動………
 
もう一度足置きを見てみる
内部まで透けて見える
 
おや!!
底の部分に先程は見えなかったネジのような物が見えるぞ
………
………
息が急に荒くなる
………
………
スグルアイは今回はここまでにしておこう
………
………
長く使いすぎると生死に関わる!!!!
オレは息を整える
車椅子をひっくり返し、足置きをもう一度確認してみよう
 
車椅子をひっくり返して足置きを見た際に、一つの物体がオレの目に飛び込んできた
・・・・
・・・・
なんだこのネジは
・・・・
・・・・
こんな所にネジが隠されていたのか?
やはり現場はよく観察する必要があるのだ
恐る恐るオレはそのネジをドライバーで外す

このネジは一体何の為に使われていたのか?
そんな事を考えながら足置きを触っていると、今度はなんと足置きがスポッと抜けてしまった
そーかあのネジは足置きが抜けないようにするための物だったのか?

呆気にとられながら、オレは外したプレートの方に目を向ける
またまたある物体が私の目に飛び込んできた
・・・・
・・・・
プレートの中に何かがある!!
・・・・
・・・・
恐る恐る私はその物体を取り出します

・・・・
・・・・
これは板だ!!!!
・・・・
プレートの中に薄い板が入っている
・・・・
こんな所にトリックが隠されていたのか!!
この板は一体何のために存在するのだろう?
オレは考える
もしかしたらこの板があることで、足置きが下に落ちないのではないか?
簡単に落ちないように抵抗を掛けているのではないか?
さらに良く観察するとこの薄い板が少し曲がっているように見える

オレはその時ひらめいた
まさか使用している間に板が変形していたのではないか?
推理が加速する
板が変形したことで、抵抗力が無くなり、少しの衝撃で簡単に足置きが落ちてしまうのではないか?
オレの頭脳が極限に達した時、ある案が浮かびあがった
 
・・・・
・・・・
この板を新品に交換しよう
・・・・
・・・・
板を新品に交換すれば、抵抗力が復活し、衝撃を加えても足置きは落下しないはず

 
新品の板を用意して、足置の中にはめ込む
そして足置きを車椅子の中に差し込み固定ネジを締め付ける

これで準備は整った
これで衝撃を加えて足置きが下に落ちなければ事件解決だ
もしまた落ちるようならこの迷宮入りだ
コ〇ンも金田〇少年もホー〇ズも事件を解決することはできないだろう
同時にオレは再び絶望の中に落ち、二度と立ち上がることは出来ないほどのダメージを負うことになるだろう
 
しかし逃げるわけにはいかない
これが修理屋のオレに課された宿命だ
・・・・
覚悟は決まった
・・・・
後はオレの推理を実証するのみだ
・・・・
衝撃を加えるために、恐る恐る車椅子を持ち上げる
そして衝撃を与える為に車椅子を持っている手を離す
運命の一瞬だ

・・・・
・・・・
頼む、足置きよ落ちないでくれ
・・・・
・・・・
ドン!!!!
・・・・
前輪に落下の衝撃が加わった
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
どうだ
・・・・
・・・・
・・・・
落ちていない!!!!
・・・・
・・・・
先程までは簡単に下に落ちていた足置きが、見事に折り畳まれた状態でキープされている
 
その後に立ち座り動作や、足置き手で払ってみても全く動かない
折り畳まれた状態で微動だにすることはない
その姿はまるでそびえ立つタワーのようだ
なんと頼もしく気高いのだ
 
これで事件は解決だ
これなら利用者様も安全に使用することが出来るだろう
 
 
その日はあんな事件があったことが嘘のように静かにすぎた
 
部署の終礼が終わり本日の業務は終了だ
 
作業服からスーツに着替えながら本日の出来事を振り返る
 
こんな事件はもうコリゴリだ
しかし真の事件とは利用者様が安全に安心して車椅子を使用出来ないことだ
その意味では事件は未然に解決出来たのかもしれない
 
利用者様にこれからも安全に車いすを使用して頂きたい
 
そんな思いがオレの頭の中にふと現れた
 
そのためにオレに出来ることは一つしかない
オレが出会う全ての車いすを安全に整備する
それが修理屋として生まれたオレの運命なのだ
 
そう誓いながら会社をあとにする
 
そのオレの心を表すように………
 
…………
 
外にはヒマワリが咲いていた

修理屋スグルとフットレストの陰謀(②事件編)

2021-08-10
最大の難所であるブレーキの整備が終わったことで、
一気に安心感が訪れる

ブレーキに不備があった場合、確認する箇所が多くあり、
かなりの時間を奪われてしまう

安堵と共にメンテナンスのスピードも上がっていく

【写真②】座背シートのネジの締め付け確認
→まったく問題無く点検終了だ

【写真③】前後輪の状態と回転確認
→同じく→まったく問題無く点検終了だ

写真2
写真3
ここまで整備が進めば、整備もほとんど終わったようなものだ
次はどの車椅子を点検をしようか?
そんなことを考える余裕すらこの時はあった。
 
しかしこの油断が数分後に後悔に変わることになる
 
・・・
 次は足置きの点検をするとしようか
何だこの感じは・・・
何か嫌な予感がする・・・
オレの中に再びとてつもない緊張感が訪れる
 
 
足置きの点検は
足置きを折りたたんだ状態で、
少しの振動で下に落ちないかを点検する

通常車椅子に座る際は足置きとして使用するが、
立ち座りの際は邪魔になるので畳んだ状態で使用する

頭の中は不安でいっぱいだが、避けては通ることはできない

点検を進めるしか道はないのだ
 
点検方法としては

①車椅子を少し浮かせて、
下に落とし振動を与えた際に足置きが落下しないか確認する

②足置きを畳んだ状態で、
手で軽く払い足置きが落下しないか確認する

がある
恐怖を感じながら、車椅子を上に上げる
この後、落下させても足置きが下に落ちなければ問題無しなのだが………
 
任せたぞ!!!!
落ちずに踏ん張ってくれ!!
根性見せろ!!!!
 
そんな願いを込めながら車椅子を浮かせた手を離す
スローモーションのように車椅子がゆっくり落下しながら前輪が地面に付き、前輪に振動が加わる


・・・・・・
・・・・・・
パタ
・・・・・・
あ、たおれた
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
見事に先程まで折り畳まれていた足置きが倒れてしまった
こんな衝撃に耐えられないようでは、立ち座りや移乗動作の衝撃で確実に足置きが落下してしまう。
こんなことでは、利用者様が動作中にケガをされてしまうではないか!!!
 
・・・・・・
・・・・・・
先程までの平和は何だったのか 
まさかこんな事件が起きてしまうとは
オレの中に絶望感が訪れる
・・・・・・
・・・・・・
うなだれるようにその場に崩れ落ちる
・・・・・・
・・・・・・
もうだめだ
おしまいだ
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
いや
このままではいけない
・・・・・・
・・・・・・
利用者様に安全に使用して頂くためにこのままではいけない
・・・・・・
修理をするしかない
・・・・・・
・・・・・・
気付けばオレは立ち上がり、その目から絶望は消えていた

修理屋スグルとフットレストの陰謀(①序章編)

2021-07-02
俺の名は才本卓。

株式会社ウィズに入社して17年目で現在は車椅子の整備と消毒を
担当している。

本日も電車に揺られ東大阪センターに出勤だ。
同じ時間に電車に乗って、同じ時間に出勤して同じ日々を送るのは実に美しい。
平穏な日々は何と美しいんだ。

同じように一日が始まり同じように一日が終わる。
これが私の美学だ。

そんな思いを抱きながら本日も東大阪センター事務所着に到着だ。
今日も平和な日々を送りたいものだ。
9時から業務開始だが、少し早めの8時20分にオレは出勤する。

少し余裕を感じながら作業服に着替えて準備を行い、徐々に9時からの業務に向けて集中力を高めるのだ。
この時間が重要で仕事がうまくいくかはこの時間次第なわけだ。
 
今日も完璧に準備完了だ
さあ、9時からベストを尽くそうか
 
朝の打ち合わせも終わり業務開始だ。
まず1台目に点検する車椅子を選ぶとしよう。
この1台目が重要で、流れに乗れるかは最初の車椅子に全てかかっている。

慎重に慎重に車いすを選ぶ
 
その時、1台の車椅子と目が合った。
この車いすなら間違いないとオレは確信した。
きっと今日1日の流れを決めるのにふさわしい車いすなはずだ。
1台目はこの車いすにするとしよう。
作業場に車いすを運び、点検開始だ。

この1台が上手くいくかで私の一日が決まるわけだ。

慎重にまずブレーキから点検する。
車椅子の破損箇所はブレーキが多く、ここさえクリアすれば一気に流れに乗ってくる。

緊張感を持ちながらブレーキレバーを握る。

ゆっくりブレーキ部分がタイヤに当たり、後輪の動きを止める。

これで後輪が動かなければブレーキは効いており、ブレーキ点検という最大の難問はクリアしたことになる。
・・・・・
・・・・・
バッチリ効いている
タイヤが少しも動かない
これでブレーキ点検は問題なくOKだ。
 
最大の難所をクリアしたことで、気持ちが向上していく
さあここから一気に点検していこうか
先程の緊張が嘘のように、順調に整備が進んでいく
 
今日も素晴らしい1日になる
そう確信した
・・・・・
・・・・・
・・・・・
しかし後にあんな事件が起きるとはこの時はまだ知らなかった‥‥…
・・・・・
・・・・・
・・・・・
恐るべき魔の手が襲いかかろうとしていた。

虫ゴム交換の巻

2021-06-11

ある日、私の前に1台の車椅子が現れました  


乗り心地が良くないと思ったら、写真のように完全に空気が抜けて大変な状態になっています  

これは放ってはいけませんね

こんな車椅子を見たら修理せずにはいられません  

さてどうやって修理をしましょうか?

まずは、原因を考えていきましょう  

 

【空気が減った時に考えられる3つの原因】

①単純に空気が減っている

②虫ゴムに穴が空いている

③チューブに穴が空いている

 

  【修理方法】

①単純に空気が減っている→空気を入れる

②虫ゴムに穴が空いている→虫ゴムを交換する

③チューブに穴が空いている→チューブ交換かパンク修理で修理が出来ます

  ⬇︎⬇︎⬇︎

に行くほど手間と時間がかかります

特に③はタイヤを外さないといけないので、

手間と時間がかなりかかります  


なので簡単な①②の点検から試していくと

手間も時間も短縮出来ます  

(決して手を抜いているわけではございません 


もっと簡単に確認できる方法はないでしょうか?


右の写真は後輪のチューブ部分の写真です  

チューブの①を緩めて外すと中に②の部品がありました


おやおや②の部品にもゴムが使われていますね  

これは怪しいです  


空気が減っていない側のタイヤは

特に問題無さそうですね  


減っている側のゴムは状態はどうでしょうか?

確認してみましょう  

な、なんと    

写真のように綺麗に虫ゴムが破れてます  


なので今回はの虫ゴムの交換で修理しましょう


使う部品は右下写真の虫ゴムだけです  

では修理をしていきましょう

とても簡単です  


まず破れた虫ゴムを外します

次に新しい虫ゴムを取り付けます

最後に余った部分を切り取り、完成になります

確認:この後空気を入れた状態で約1日程度空気が減っていなければ、問題ないです

今回は一週間以上空気圧が変わらなかったので

虫ゴムの破れが原因でした。


もし、それでも空気が減るようならチューブにも原因が考えられます  

チューブに穴が空いていないか確認しないといけません。


冬場は虫ゴムの取り付けがなかなか大変です  

指先で押し込みながら取り付けるのですが、

爪が大変なことになります  

私は虫ゴムを熱湯につけてからやってます  

そうすると割とスイスイ奥に入っていきます  


おまけで、右の写真のタイプは虫ゴムを付けても修理出来ないです  

このタイプが古くなった場合は、写真のパーツを新しく交換する必要があります  

虫ゴムを交換したが空気が抜けるということで、このタイプに虫ゴムを付けられているケースが時々ありますが

これに新品の虫ゴムを付けても効果がないので、空気は抜けてしまいます。


本日は以上になります

長々と書きましたが、5分程度の簡単な作業です  

 

駐車ブレーキ交換の巻

2021-05-12
駐車ブレーキ

今回は駐車ブレーキ交換の修理をします    


駐車ブレーキの役割

車椅子が動かないように固定するためのパーツです。

車でいうサイドブレーキみたいなものです  

主に立ち座りや移乗の際にブレーキをかけて車椅子が

動かないようにします  


駐車ブレーキの効きが悪くなると、

立ち座りや移乗動作の際に車体が動いてしまい、

事故の原因になります  


状態確認

駐車ブレーキが効かなくなった際は、先にブレーキではなく後輪の状態を確認した方が良いです  

ブレーキで後輪を抑えて車体を動かなくするので、後輪の状態が悪いとブレーキは効かなくなります。

例えば、後輪の溝がなくなっていたり、空気が減っていたりするとそれだけでブレーキが効かなくなります  

修理依頼で空気を入れただけで直るケースが多いです。


今回はタイヤは問題無く、ブレーキの位置を調整しても修理できなかったので、ブレーキの変形が原因になります。

なのでブレーキを交換して修理します  



    〜修理開始〜  

古いブレーキを外す

まずは、古いブレーキを外します。

写真のようにナット2箇所で固定されていることが多いです。

外すのはそんなに難しくはないです。

固定ナット写真
駐車ブレーキを外した状態

新しいブレーキの取付

次に新しいブレーキを取り付けます

新しい部品はやはり美しいですね  

長く使った車椅子でも部品を変えるだけで輝いて見えます  


先程外した位置にブレーキを取り付けます。

同じようにナット2箇所で固定します。

無事に取り付け出来ました  

新品ブレーキ
取付後ブレーキ

位置の調整

最後にブレーキの位置調製をして完成になります  

ここでは後輪タイヤとブレーキレバーの距離を調整します。

タイヤとレバーの距離が遠いと、タイヤを抑えつける力が弱くなり、ブレーキの効きは弱くなります 

逆に距離が近くなるとブレーキの効きは強くなります  

あまり弱くし過ぎると少しでも後輪の空気が抜けると、すぐにブレーキが効かなくなります  

逆に、強くしすぎると、ブレーキをかけた際に後輪に跡が残ったりします  

適度な距離に調整するのが大事ですね(これが非常に難しい 

 

今回の感想

調整が終わりブレーキ交換完成しました  

ちなみにブレーキの固さを左右同じに調整することも大事です!

今回の修理時間は約15分でした  

駐車ブレーキの交換は修理難易度としてはそんなに難しくはないです

今回は駐車ブレーキの交換だけで修理出来ましたが、後輪タイヤと合わせて交換して修理するケースの方が多いですね  


  今回のポイントとしては

駐車ブレーキが効かなくなった際は、後輪の状態も一緒に確認する

駐車ブレーキはゆる過ぎず、かた過ぎず調整する

です

 

本日もお付き合い頂きありがとうございました  

また修理をしたら報告します  

レンタル商品 洗浄・消毒工程

ベッドの洗浄消毒

スロープなどの洗浄消毒

A-one 動画

車いすの洗浄消毒

マットレスの洗浄消毒

サイクロン 動画

介護施設・病院の方へ

マットレス・車いすの洗浄・消毒を承ります。
ご要望がございましたら担当営業までご連絡ください。
TOPへ戻る