本文へ移動
介護保険制度では10万円を上限枠として、

1〜3割の負担金額で特定福祉用具の購入ができます。
(負担割合は所得によって異なります。)


〜〜〜【購入対象となる5種目】〜〜〜 ※写真は一例です※

①腰掛便座
次のいずれかに該当するものに限る。
【1】和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの。
【2】洋式便器の上に置いて高さを補うもの。
【3】電動式またはスプリング式で便座から立ち上がる際に
   補助できる機能を有しているもの
【4】便座、バケツ等からなり、移動可能である便器
   (居室において利用可能であるものに限る)

②自動排泄処理装置の交換可能部品
尿または便が自動的に吸引されるもので居宅要介護者等またはその介護を行う者が容易に使用できるもの。

③簡易浴槽
空気式または折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水または排水のために工事を伴わないもの。

④移動用リフトのつり具の部分
身体に適合するもので移動用リフトに連結可能なもの

⑤入浴補助用具
【1】入浴用椅子
【2】浴槽用手すり
【3】浴槽内椅子
【4】入浴台•••浴槽の縁にかけて利用するものであって、
      浴槽への出入りのためのもの
【5】浴室内すのこ
【6】浴槽内すのこ
【7】入浴用介助ベルト

〜特定福祉用具購入の流れ〜 ※償還払いの場合

日常生活用具一覧 吹田市

(2021-04-05 ・ 1531KB)

障害者手帳をお持ちであれば、障害の等級に応じて福祉用具を購入することができます。(日常生活用具)
ベッドや杖をはじめ、たくさんの商品が対象になっております。下記は一例となります。

上記PDFは大阪府吹田市の一覧です。
※お住まいの地域によって対象品や金額等が違う場合もございます。
上記PDFは大阪府大阪市の一覧です。
TOPへ戻る