本文へ移動
介護保険制度では下記対象種目を
レンタルする場合、

月額レンタル料の1〜3割の負担金額
ご利用になれます。
(負担割合は所得によって異なります。)

〜【レンタル対象となる13種目】〜

(1)車いす
(2)車いす付属品
(3)特殊寝台
(4)特殊寝台付属品
(5)床ずれ防止用具
(6)体位変換器
(7)手すり
(8)スロープ
(9)歩行器
(10)歩行補助つえ
(11)認知症老人徘徊感知機器
(12)移動用リフト(吊り具の部分を除く。)
(13)自動排泄処理装置




  注意  
要支援1と2・要介護1の方は、原則として
上記の種目①〜⑥、(11)、(12)が介護保険によるレンタルの対象になりません。
ただし、状態像によっては可能になる場合もありますのでケアマネジャーにご相談下さい。
 
 
 
介護保険制度は使用出来ませんが、
こんな商品も自費でレンタル可能です。

〜〜【自費レンタル対象種目】〜〜

①吸引器・吸入器
②イルリガードル棒・スタンド
③ナーシングラッグシリーズ
 ・かかとあて NR-07
 ・ひじあて NR-08
 ・尖足防止プロテクター NR-13
 ・円座(穴無) NR-24



カタログ外でもたくさんの商品を取り扱っています

車いす事例

before
after
 身体に合った車いすを使用することで、安定した正しい座位姿勢をとれ、
腕も楽に動かせるようになり行動範囲が広がります。
また上半身(体幹)が伸展し、呼吸もしやすく、食事も摂りやすくなります。
頭部の位置も安定し、顔が真っ直ぐ向くようになり、
コミュニケーションもとりやすくなることで、生活意欲の向上にも繋がります。
TOPへ戻る