本文へ移動

住宅改修・リフォーム工事

ご自宅でこんなことに困っていませんか?
①手すりの取り付け
②段差の解消
③床材変更
④扉の取り替え
⑤洋式便器への取り替え
介護保険制度では20万円を上限枠として、

1〜3割の負担金額で介護や介護予防のための住宅改修ができます。
(負担割合は所得によって異なります。)


〜〜〜【支援対象となる改修6種目】〜〜〜

①手すりの取り付け
②段差の解消
③滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料変更
④引き戸等への扉の取り替え
⑤洋式便器への便器の取り替え
⑥その他前各項目の住宅改修に付随して必要となる住宅改修
住環境整備のプロだから違う! ウィズで工事をするメリット

住環境コーディネーターと福祉用具専門相談員の資格を持った経験豊富なスタッフが
選定から役所への申請や見積り、工事後の役所への請求業務まで一貫して行わせて頂きます。


①自立を目指す住環境整備をご提案できます。
②ご利用者、介護者にとって最適な場所への工事をご提案できます。
③ご家族の生活も考慮した住環境のご提案をいたします。
④相談からアフターフォローまで責任をもって承ります。
⑤住宅改修・福祉用具を活用した、ご利用者の自己実現を全面的にサポートします。





①浴室 手すり取付け工事

before
after
手すりがないので、浴槽をまたぐ際に転倒の危険がありました。
          ⬇︎⬇︎⬇︎
その方に合った場所に手すりを設置することで、安全に動作が行えるようになりました。



②トイレ 手すり取付け工事

before
after
便器からの立ち座りの際に支えがなく転倒の不安がありました。
          ⬇︎⬇︎⬇︎
便器の横と正面に手すりを設置する事で安心して排泄動作が行えるようになりました。



③廊下 床材変更工事

before
after
廊下がカーペットかつ段差があり、車椅子での移動が困難でした。
          ⬇︎⬇︎⬇︎
床材をフローリングに変更し、段差も解消する事で車いすでの移動が容易になりました。



④浴室 浴槽入替え工事・扉取替え工事

before
after
浴槽が深く出入りが大変で、扉も引き戸で浴室内での動作が困難でした。
          ⬇︎⬇︎⬇︎
浴槽を入れ替えることでまたぎ動作が楽になり、
扉を折れ戸にすることで浴室内での移動が楽になりました。

※さらに特定福祉用具購入のサービスを使用し、浴室内スノコとバスボードを設置することで
 より楽で安定した動作が出来るようになりました。

⑤洗面台 取替え工事

before
after
車いすで生活をされている為、通常の洗面化粧台では整容動作が困難でした。
        ⬇︎⬇︎⬇︎
車いす対応の洗面カウンターに取替える事で、車いすのままカウンターへアプローチ可能となり
整容動作が容易に行えるようになりました。

   ☆上に記載がない工事に関してもお気軽にご相談ください☆

介護保険住宅改修・福祉用具購入の申請代行や理由書の作成も行います。
当然のことながらお見積もりは無料です。
手すり1本の取り付けからでもお気軽にご相談ください。
 
TOPへ戻る