本文へ移動

社員日記

ウィズ社員のドタバタ奮闘日記トラック突風

社員紹介〜葉田〜

2021-11-25
東大阪センター 葉田
みなさん、はじめまして 

令和2年9月に入社いたしましたウィズ東大阪センターの福祉用具相談員の葉田(ハダ)と申します。
 意外と珍しい組み合わせの苗字なので、覚えていただけると嬉しいです。 
現在26歳の東大阪センター内最年少です。
若さを武器に頑張ります

前職は貯金や保険を扱う仕事をしていました。 
お客様が入院等でお困りのときに保険金が下りてくる保障よりも、お体のことで何か困っているお客様に歩行器や車いすなどの福祉用具で快適な生活を過ごされるお手伝いがしたいと思い介護業界に飛び込んでみました。 

いざ介護という全く違う業界に入ってみると自分の知らないことが山のようにありますが、とても優しくて頼りがいのある上司や先輩に教えてもらいながら仕事しています。

入社して1年が経ちましたが、毎日勉強の日々です。
今回は社員日記初投稿ということで私のことを知ってもらうために、3年前から続けている趣味の話をします。 3年前からテニススクールに週1回に通っています。

学生時代は中学3年間と大学4年間テニスしていました。(大学はサークルに所属していましたが、ほとんど参加できなかったので実質テニス歴3年程です)
 スクールを習い始めは全く思うように体が動かず、ボールも思い通りに飛ばずに終わり、翌日には全身筋肉痛になってしまいました。
先日、上司の方からお誘いをいただきテニスをしてきました。

普段は屋内で行っているので、久しぶりの屋外テニスだったので終わってみると日焼けしていました。
(ちなみに私の上司は錦織圭選手で有名なエア・ケイを見事に決めていました)

週に1回体を動かすことでストレス解消、気分転換にもなっています。
テニスだけでなく、何か運動を継続することは大事ですね
(皆さんご存じのラジオ体操を1日3回すると1日分の運動量になるので、よかったらぜひ)

最近は涼しくなり、過ごしやすい天気が続いています。
季節の変わり目になるので体調管理にお気を付けください。

まだまだ不慣れなところがあるかもしれませんが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

福祉用具プランナー研修

2021-11-18
東住吉 川口
東住吉営業所、福祉用具専門相談員の川口です。                                                            
新型コロナ感染拡大が落ち着きつつある昨今、
感染予防対策を行いながら趣味のスーパー銭湯でのびのびしている川口です(*^。^*)                                                            
                                                            
今回のテーマは先日11/12に修了した
『福祉用具プランナー』取得までの軌跡 ~一陽来復(いちようらいふく)~                                                            
雪が解けて一陽来復の春が来た♪                                                            
まず福祉用具プランナーとは、
福祉用具の相談業務を2年経過した者だけが
受講できるスキルアップを目的とした資格です☆                                                            
                                                            
私も福祉用具専門相談員となり、2年8ヶ月!                                                            
福祉用具プランナー受講にはジャストなタイミング!                                                            
という事で今回、大阪開催の受講者
総勢約50名による研修の幕開けです~~!パチパチ                                                            
                                                            
で、いきなり受講生約50名と会えるはずもなく、
孤独との戦いが始まります!                                                            
自宅でeラーニングによる学習!履修科目の合計時間
な・な・なんと100.5時間(>_<)                                                            
第1ステージ 『自分との闘い』  
                                                      
eラーニング中さっそく様々な誘惑が\(◎o◎)/!     
                                                       
眠たーい!                                                            
ゲームしたい!!                                                            
音楽聴いて踊りたい!!!                                                            

スーパー銭湯行きたい!!!!!!!等々(笑)         
                                                   
私は閉じゆくまぶたにセロハンテープを貼り、
清水アキラがやる研ナオコのモノマネのように上へ上へと皮膚をリフトアーーップ!!                                                            
eラーニングでは改めて福祉用具の概念を学び、
移動用リフトの種類や使用者状態からの選定を再認識でき充実した時間となりました。                                                            
この100時間強、私は様々な誘惑に打ち勝ち第2ステージ『8日間の集合研修』へと挑みました。                                                            
                                                            
この集合研修では、同業他社の方や理学療法士さん等、多岐にわたる職種の参加者が勢ぞろい!                                                            
集合研修は大きく分けて、座学とグループワークがあります。                                      
        

              
第2ステージ 『自分との闘い2』                                  

場所は谷町にある大阪府社会福祉会館♪                                        
                    
うちの社長、記虎孝年が理事長を務める関西シルバーサービス協会が運営しており、
1階展示場には実際に触って体験できるベッド・歩行器・車いす・入浴関連用具・リフト等が
常時展示されておりどなたでも体験ができ、介護の相談業務も行っている場所。                                                            
研修での座学は正直、寝かけてしまいましたーーー                                                            
だって他の日は仕事してますもーん(ToT)                                                            
眠いに決まってるー                                                            
そしてお昼ごはん明けの座学は、
猛烈つらすぎるーー(>_<)                                                            
強粘着セロハンテープが欲しい。                                                            
いっその事まぶたに目を描いてもいいですか?。。。レディガガのように(笑)                                                            
グーグー(ー_ー)zzz                                                     
一転眠気とは無縁のグループワークでは、
他職種の理学療法士の方の視点が新鮮でこの出会いが無ければ学べなかった事もあったり、                                                            
同業他者の方とも同じ仕事ならではのトークをし、ふれあいを楽しみました(^O^)     
 
排泄関連の研修では、約50人全員が服の上からオムツを履いて初めてのオムツ体験をしました。                                                            
いや、初めてでなくベビーちゃん以来のオムツ!                                                            
懐かしい。。。感慨深い。。。みんなベビーちゃん時代お世話になっており、レディガガも履いていたはず☆                                                            
世界的に素晴らしい発明!オムツがあって良かった!                                                            
ただ約50人の研修生が全員白いオムツを身にまとう異様な光景に何だか小っ恥ずかしい反面、
同志である一体感は得体が知れない(^_^;)      
                                                      
おむつは不快に感じるものだという再認識を得て、この授業は幕を下ろす。                                                            
そして、ベビーちゃんの頃のオムツと替えてくれた両親に感謝を捧げる(^人^)                    
                                                    
いよいよ最終ステージ 『自分との闘い3』             
                                               
最終日、修了試験。                                                            
今までの実務経験と研修の集大成!      
                                                      
いや~これが案外難しかったぁ。。アイタタターーッ(+o+)                                                            
試験結果はおよそ1ヶ月後、またご報告いたします!                                                            
                                                            
福祉用具プランナー研修終え、
これまでついおざなりになっていた部分を改め一人前の福祉用具専門相談員として成長を遂げられそうです!                                                            
今回の研修内容でリウマチなど様々な疾患の特徴などについても詳しく学べることができ今一度!                                                            
皆それぞれ体格・性格・育ってきた環境が違うように、
同じ疾患をお持ちの場合でも個人差もあり、生活環境も違う。                                                            
どのような生活を送りたいかも違う。  
                                                          
1人1人の違いを見極めて、
ご利用者様に添った住宅改修や福祉用具の選定を行いたいと強く心に刻んだ川口である。                                                            
インプット⇒アウトプットalong with同時進行でブラッシュアッ~~プ♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ                                                            

「こんなこともできます!」

2021-11-12
西 松田
今回は電動リフトを設置させて頂いたケースのご紹介

ご存知ない方も多いと思いますが、電動リフトと言えば皆さんどんなものをイメージされますか?

今回の電動リフト、どんなタイプか予想してみて下さい。


•••••••••••••••。

••••••••••••••••••••••••••。

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••。




ハイ多分ほとんどの方の予想と違うのではないでしょうか?
     アーチパートナー隅っ子イメージ図
今回紹介するリフトは
『アーチパートナー隅っ子』です。

やぐら型のリフトと言われ、レールが前後に、
本体が左右に移動することによって
部屋中を自由に移動できます。

しかも2部屋にわたって移動できるようレールが
5M越え!

強度の問題があり、ここまで大きなサイズは対応不可のメーカーさんがいくつもありました。
そもそも、お話しの始まりは息子様を介助されているお母様より、
天井走行リフト設置のご相談を頂いたことからでした。

息子様はしっかりとした体格であり、
お母様は小柄で華奢であるため介助の負担は非常に大きいものがあります

「天井を動くリフトで家中を自由に動きたい。動けるようにしたい。」

お母様は色々と考えておられ、私もメーカーさんにご相談。
確認事項や概算見積もりを頂き、ご予算の打ち合わせ・・・
マンションですので管理組合への確認・・・!


「構造躯体には一切触ってはいけません

予想はしていましたが、、、そうですよね、、、マンションですもんね。

天井に設置するリフト案は諦めざるを得ないこととなりました。

※躯体とは建物を支える基礎や柱や梁等の総称。

しかし「家中は無理でもベッドと車椅子だけでなくフロアでゴロゴロする時間も作りたい

こんな想いを実現すべく、まず、床走行型のリフトを試したところ、フロアへ降りることが出来ました!
でもやっぱり床からの吊り上げに四苦八苦。また、居室間の敷居移動がとても大変でした。

続いて門型リフトの登場!床からの昇降もスムーズで車椅子への乗り移りもOK!
ただ、車椅子から隣の部屋にあるベッドへの乗り移りがリフトでは出来ません。


では空間自由に動けるやぐら型リフトなら上手くいくのではと、、、


このようにお母様、本人様と試行錯誤しながら、
やぐら型リフトであれば床でゴロゴロ、車椅子へもベッドへも乗り移れる!ということで

『アーチパートナー隅っ子』オーダータイプの導入になりました。
      アーチパートナー隅っ子設置後
今回の導入には障がい者手帳の制度を利用しましたので、役所の担当の方に何度も相談させて頂きました。

5M越えのレールは階段を通れなかったため、
マンション管理人様にもご協力頂き、

職人さんにもご苦労かけながらロープ吊りにて
ベランダから搬入。

なんとか無事に設置出来ました

お部屋のリフォームも同時にされたため
モデルルームのような仕上がりになりました
     まるでモデルルームのようになったお部屋
息子様のリラックス出来る時間、空間を確保しながら、
お母様の介助負担軽減のため存分に活躍してもらえたらと思っています!

「こんな商品や方法があることを皆さんに知ってもらいたい」とのお母様のお気持ちで
お写真の掲載許可を頂きました。

「ウィズはこんなこともできます!」とこれからも頑張りたいと思います。

女性営業の1日

2021-10-14
ショールーム 藤井
こんにちは
ショールームの藤井です。
 
ウィズに入社し、半年が経ちました。
前職理学療法士として働いていた私ですが、福祉用具の世界がこんなにも奥深かったのかと感じる毎日です。
 
特に思うことが商品の多さ。メーカーさんから次々と新しい商品が出ています。
その人にぴったり合った商品を提案するため、商品のことを日々勉強中です。
 
そんな私が利用者さんのお宅にお伺いするとよく言われることがあります。
それが「女の人もいるんやね。知らんかったわ」
 
男社会のイメージが強いようですがウィズには女性営業もいます。
 
そこで私がどんな1日を過ごしているかご紹介したいと思います。
 
---------------------------

8:40~8:45 出勤 ユニホームを着て気合を入れます

9:00              始業

9:00〜     会議 この日は月1回の全社会議。各事業所とZoomで繋いで会議を行います。

11:00            1件目訪問。玄関に突っ張りの手すりを設置。
                         靴の脱ぎ履きがしやすくなったとおしゃっていただきました。

12:00前         居宅訪問 1件目の方の報告を直接ケアマネージャーに行います。

12:00~13:00  お昼休憩 コンビニが多いですが、近くのお店の開拓もしたいです。

13:00~14:00    2件目訪問。トイレ手すりの交換と歩行器のお試し。
                               新しくお持ちした歩行器を気に入っていただけました。

14:00過ぎ            一旦事務所へ。荷物の積み下ろしをします。 

15:00〜17:00   モニタリング×3件。この日は歩行器や車いす、杖の点検でした。
                              車の運転は得意ではないので、近いところは自転車で回ります。
                             ついつい話過ぎてしまい、次の予定がぎりぎりになることも多いです。

17:00.                事務所へ。溜まっていた事務作業を終わらせます。
                              定時目前なのですごいスピードでキーボードを叩きます。

18:00過ぎ           退社。残業しないよう急いで帰ります。

--------------------------------
こんな感じで私の1日は終わります。
 
重たいものを持ったり、手すりの工事は難しいので、そんなときは男性社員にも手伝ってもらっています。
 
どうでしょうか?
意外に女性でも出来るんだ!ということが分かっていただけたでしょうか
 
旭区で赤い服を着て自転車乗ってる人がいたら私です。
気軽にお声かけ下さいね

シェアハピ

2021-10-14
吹田 芳川
はじめまして!入社したての新人、芳川秀一と申します。
新人といえど実は年齢は50歳。
定年を前に「チャレンジを!」とウィズで新たなスタートをきりました!
 
東大阪センターで2か月間、しっかりとメンテナンス研修を経て、
現在はモニタリング専属としてお客様のお宅を回らせて頂いています。
 
前職とは全く違う畑での仕事なので、毎日が新鮮です。
そして、わたくし実は・・・
今までは運転をすることがなかったので、運転が苦手なのです。
 
そんな私に先日、ハートフルな出来事が起こりました。

狭い一本道をゆっくりと進んでいると、
まさかの行き止まり!!
 
今まで来た道をバックで戻るだと?!
ゴールデンペーパードライバーの私に?!
まさに地獄・・・

困ってワタワタしていると、
偶然通りかかったご近所さんが声をかけてくれ
「オーライオーライ!」と
誘導を始めてくれたではありませんか!
 
なんという優しさ!!
涙でにじんでバックミラーが見えません!
 
時間をかけてやっとの思いで1本道から抜け出すことができました。
ご近所さんにお礼をしっかりとして、その優しさを胸に刻みお客様のところへ。
 
「歩行器がしっかりと折りたためなくなった」との点検依頼でした。

つい数日前、交換したばかりなのにおかしいなとお伺いすると
 
荷物を入れるためのバッグの底板がフレームにあたり、
折りたたみを妨げていました。

「バッグの中身見たらすぐわかるのに・・・」
なーんてことは思いません!
だって私はさっき優しさを分けてもらったばかりなのですから。
今風にいうと「シェアハピ」です
 
お客様に丁寧に説明をして、理解して頂くことができました。
私たちにとって当たり前のことでも、ご利用者様にとっては難しいことがたくさんあります。

これからもシェアハピの精神を心に、丁寧な対応を心掛けていこうと思います  
TOPへ戻る