本文へ移動

社員日記

ウィズ社員のドタバタ奮闘日記トラック突風

シェアハピ

2021-10-14
吹田 芳川
はじめまして!入社したての新人、芳川秀一と申します。
新人といえど実は年齢は50歳。
定年を前に「チャレンジを!」とウィズで新たなスタートをきりました!
 
東大阪センターで2か月間、しっかりとメンテナンス研修を経て、
現在はモニタリング専属としてお客様のお宅を回らせて頂いています。
 
前職とは全く違う畑での仕事なので、毎日が新鮮です。
そして、わたくし実は・・・
今までは運転をすることがなかったので、運転が苦手なのです。
 
そんな私に先日、ハートフルな出来事が起こりました。

狭い一本道をゆっくりと進んでいると、
まさかの行き止まり!!
 
今まで来た道をバックで戻るだと?!
ゴールデンペーパードライバーの私に?!
まさに地獄・・・

困ってワタワタしていると、
偶然通りかかったご近所さんが声をかけてくれ
「オーライオーライ!」と
誘導を始めてくれたではありませんか!
 
なんという優しさ!!
涙でにじんでバックミラーが見えません!
 
時間をかけてやっとの思いで1本道から抜け出すことができました。
ご近所さんにお礼をしっかりとして、その優しさを胸に刻みお客様のところへ。
 
「歩行器がしっかりと折りたためなくなった」との点検依頼でした。

つい数日前、交換したばかりなのにおかしいなとお伺いすると
 
荷物を入れるためのバッグの底板がフレームにあたり、
折りたたみを妨げていました。

「バッグの中身見たらすぐわかるのに・・・」
なーんてことは思いません!
だって私はさっき優しさを分けてもらったばかりなのですから。
今風にいうと「シェアハピ」です
 
お客様に丁寧に説明をして、理解して頂くことができました。
私たちにとって当たり前のことでも、ご利用者様にとっては難しいことがたくさんあります。

これからもシェアハピの精神を心に、丁寧な対応を心掛けていこうと思います  

14代目ひまわりブラザーズ

2021-10-07
東大阪センター 則定
朝夕はようやく凌ぎやすくなりました。

気がつけば【ウィズ便り】も10月号へ季節の移り変わりも感じる毎日です。

ちなみに今月号は「介護の現場から・・・」はコロナ禍の介護現場について、現場のケアマネージャー日常について新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の中、介護現場が直面してる現状に向き合う姿がありました。

※私自身も同じように行政機関から連絡を待ち、今後の対応について各事業所方と「どうすべきか? 」を連携しながらの毎日です。

自分自身も直面する内容でとても共感し、毎日の備えが如何に重要か見つめ直すことができました。
その他にも【ウィズってどんなところ?】では
秋葉原近くにある東京営業所について、

バリアフリー展 新入社員体験記】では
移乗シートについて営業・理学療法士の
社員の感想となります。

みなさんぜひご覧ください!

季節の移り変わりといえば毎年育っている花壇のひまわりが今年も活躍してくれました。

毎日毎日、朝晩の水やり(日の出から西陽の最中になるので、体が溶けそうになります。)

去年は天候のためうまく育ちませんでしたが、草むしり、「がんばれー」の声かけを経て
大地の力を借りて見上げるほどに成長しました!
ちなみに14代目になります。

ご存知かもしれませんが、ひまわりの原産地は北アメリカで、夏の季語でも親しまれ、ロシア等の国花になっています。

(ひまわりが好きなオランダ出身の画家ゴッホの『ひまわり』も有名です。)

古くはトウモロコシ、コスモス、マリーゴールド等と一緒にコロンブスがアメリカ大陸を発見(1492年)後にヨーロッパに持ち込まれた植物といわれています。

ちなみに日本にひまわりが持ち込まれたのは17世紀頃になります。

あまり聞かれないので、ひまわり好きな人に思われていないか心配ですが・・・

毎年のお約束になっているのは理由はひまわりに倣って一人一人のお客様と向き合っていきたい思いで毎年育ててきました。 (ホントですよ!)

来年の15代目にも引き継がれるように(笑)

この秋の皆様の豊かな実りをお祈り申し上げます。

東住吉営業所『嶋田の成長日記~住宅改修編その①~』

2021-09-29
東住吉 嶋田
東住吉営業所、福祉用具専門相談員の嶋田と申します。                                                                
2回目のブログ嬉しいです!                                                                
ところでご覧の皆様、1回目のブログを覚えていらっしゃるでしょうか?                                                                
2021年4月19日に初登場したあの嶋田です♪                                                                
『あの嶋田と言われても知らね~し興味ねぇ~』という言葉が聞こえてきたような((+_+))                                                                
今回は、初登場から半年が経ち少しばかりですがパワーアップした嶋田を感じていただけるよう、
最後までお付き合いくだされば幸いです(^^)                                                                

東住吉営業所に配属されて1年が経ちました。                                                                
お客様から少しずつ顔も覚えていただき、ご依頼もいただける様になってきました(^^)                                                                
                                                                
今回は住宅改編という事で、先日担当させていただいたご利用者様は、                                                                
高齢の方に多い骨粗鬆症により腰椎圧迫骨折を患っており、段差の昇降動作や立ち座り動作時の痛みが大きく
介助が必要であり、古くからの日本家屋で支持物が無い状態でお住まいでした。                                                                
外出も全く出来ず、意欲の低下と認知機能の低下が危ぶまれている状態でありました。    
そこでまずアセスメントを行い、その後どのような生活を望むのか?をお伺いし、まずは自宅内での安全性と身体的負担軽減を図る為、                                    
生活導線上で必要な箇所(玄関・階段・トイレ・浴室)にトータル8本の手すりの取付をさせていただきました。                                    
                                    
今回、初めての住宅改修でしたので経験豊富な助っ人上司同行のうえ行いました。                                    
作業がはじまり、いきなりガーーーーン!(◎o◎)! 早速やらかしてしまった・・・                                    
電動ドライバーが空回りしてネジが進まない・・・な・な・なんという事だ!!                                    
これは俗にいうネジ山を潰すというアクシデント!                                
何故こんなになるまで気付けなかったんだ・・いや気づく暇すらない一瞬の出来事だったのだ。                                                    
このネジは、私のせいで役目を果たす前に一生が終わってしまったのだ・・・申し訳ない(T_T)                                                    
いや、リサイクルで生まれ変わってまた会おう!その時は今度こそ共に役目を果たそう!!                                                    
                                                    
そう気持ちを切り替えて、ネジ山が潰れたネジは使い物にならないので、
これを一旦抜くべく一所懸命ペンチで引っこ抜いて                     
                               
・・・1時間が経過                                                    
                                                    
ふと助っ人上司の方を見ると他の7本はすでに取付が終わっている(゜_゜)                                                    
何という神業\(◎o◎)/!                                                    
最後の1本は私が付ける!                                                    
1本も付けなければ、何しにきたかわからない(^_^;)                                                    

最後に「失敗は成功の基」というじゃないか(^^)                               
                     
発明家エジソンの名言にもある
「それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ」                                                    
その名言が自信となり、胸を張って我が物顔でご利用者様に取付完了を告げ、感謝のお言葉をいただきました☆                                                    
    嶋田の成長日記として、今回の改修工事の中で最も技術面で難しかったのが、タイルへの手すり取付です。                                            
今だから知っていたかのように話せますが、タイルに手すりを取り付ける場合は写真のようにまず電動ドリルで穴を開けプラグを差し込む必要があります。                                            
このドリルで穴を開ける作業が初心者には難しく、力が弱すぎては穴を掘り進めることができず、逆に力を入れ過ぎれば勢いでタイルを割ってしまいます。                                            
やはり人様のお家なので、最初は失敗を恐れビビッてなかなか穴を掘り進める事が出来ませんでした。                                            
普段、墓穴はよく掘っているのですが・・・(^_^;)                   
タイルに穴が開けば、プラグの上から手すりをビスで固定するだけなので後は簡単です。                                            
工事が終わってご利用者様に喜んでいただいた時は、いい仕事したな~と晴れ晴れとした気持ちになりました!                                            
これからもお客様に喜んでもらえる仕事ができるように、日々スキルアップをしていくぞ!という姿勢を貫くぞ!!                                            
是非、『嶋田成長日記』3回目の登場も楽しみにしていて下さい(^_^)/~            

mmの違いが影響する生活

2021-09-17
西 福水
先日、利用者様の車イスのタックルブレーキが故障したとの事で、同機種交換でお伺いしたときの話です。
その日は何の問題無く交換し満足して頂けてましたが、

翌日に「今まで入れてたトイレが引っかかって入れなくなった」

と連絡があったのです。同機種なのに、なぜ!?

と思い、交換引き上げした車椅子も持参し、確認にお伺いしたところ、
タックルブレーキが車イスより外側に広がってしまっていたのです

同機種なのに・・・
タッグルブレーキが変形しているのかと引っ張ってみたり、取り外してみたり、、、

試行錯誤した結果、前の車イスの壊れたタッグルブレーキを取り外し、ブレーキのみの付け替え対応しました。

その後メーカーに確認したところ、
若干の個体差はあるかもしれないが、レンタル品だとブレーキのかけ方や乗り移り時に歪みが出ている可能性があると言うことでした
5mm、1cm程の差で使い勝手が変わってしまうことを改めて感じた出来事でした。

これからもメーカーと相談しながら、利用者様のベストで満足出来るようにしていこうと思います
利用者様の笑顔とありがとうが1番の仕事の原動力であり目指すところだからです

今回の車イスはスキット1000という機種で
小回りがききながら、肘掛けの高さはもちろん、座面幅や背シートもしっかり調整出来る等、高性能でコストパフォーマンスもバッチリの車イスです!

SNS奮闘記

2021-09-09
吹田 上原
こんにちは。吹田の上原です

営業事務という専門相談員のサポート係をしています

お客様にお渡しする書類を作成したり、商品の手配や発注・売上など業務は多岐に渡ります。

とてもやりがいのある仕事ですが、専門相談員の方々が外出先で輝く汗を流し、
溢れる笑顔でお客様と接しているのに比べると
人目につかない地味な業務になります。

そんな私の輝ける場所、それが・・・SNS
営業事務の傍ら、
ウィズのInstagramとFacebookのSNS担当を
しております

SNSを開設して約2年が経ち、
インスタの現在のフォロワー数は2000の間近に
迫っています

最初は100以下のフォロワーでいいね数も
10未満・・・
何をどう投稿するかも思考錯誤の状態でしたが、
今では「いいね!」の数も200に迫ることも
増えてきました

たくさんのフォロワー獲得といいね!数の上昇に
繋がった私の奮闘をお伝えしたいと思います。
①投稿はゴールデンタイムに!

いくらいい投稿を作成しても見てもらえなければ意味がありません

だいたいの方は100以上フォローされていて、
1度に確認される投稿は上部に上がってくる新規投稿の10件ほど
なので、投稿する時間はとても大切

ゴールデンタイムは
★通勤時間(8時前後と18時前後)
★昼前(12時前)

この時間に投稿すれば見てもらえる確率が格段に上がります。
今のところ一番いいのは18時すぎ。
退社ギリギリの時刻に投稿しています


②1ページ目で惹きつける!

1つの投稿が見られる秒数・・・何秒だと思いますか?

なんと・・・

まさかの・・・

れ、れ、れ、0.3秒なんです

衝撃の事実・・・嘘やん・・・涙

つまり、この0.3秒で惹きつけられなければ、文章はもちろん、2ページ目すら見てもらえないんです
スルーっとスクロールされちゃうんです

どうりで・・・かなり良い動画を作成できたと思っていても、いいね!数が伸びない理由がわかりました。

なぜかって
動画は再生されるまでに1秒くらいかかるんです。
すぐに再生されても0.3秒では惹きつけられない。

そして現実的な問題点は・・・インスタを視聴するとギガを多く消費するのです特に動画。
つまり、観たい!と思う前に動画な時点で
「あ、やべ!ギガなくなっちゃう」ってスルーされてしまうのです。

それを発見してから1ページ目は必ず写真にしています
その写真に興味を持ってくれたら2ページ目の動画に移行してもらえますので。
③フォロワーさんと接触する!

ただ投稿をしているだけではダメ

フォロワーさんにいいね!をつけたり
コメントをすることで
相手からも意識してもらえるようになります

それだけじゃない・・・
インスタの特徴である大事なポイントは

インスタでは接触すればするほど、
その相手の投稿が上部に表示されるのです
上記で記載したゴールデンタイムに投稿してなくても、濃厚接触している方の投稿は上部に表示される
上部に表示されれば、たくさんの方に見てもらえる

だから隙を見ては、通勤時や仕事中PCがフリーズした時にひっそりとたくさんの方に接触しているんです

以上、インスタ担当のこだわりの奮闘をお伝えしました
誰でもわかりやすい内容を心がけているので、ぜひウィズのInstagramやfacebookチェックしてください
TOPへ戻る