本文へ移動

ウィズ便り

介護現場の体験談を中心に、福祉用具についてのご紹介、介護保険等に関する情報を定期的に発信させて頂きます。
弊社とお客様のコミュニケーションの一助となれば幸いです。

心温まるストーリー★介護の現場から~介護すること、されること~★

介護ロボットの活躍

2021-07-01
Kさんは奥様と二人暮らし。長年新聞社で編集のお仕事をされ、定年後は奥様と海外約40カ国への旅行を楽しまれていました。そんな中、Kさんがアミロイドーシスという全身に機能障害を起こす難病に侵されていることがわかりました。

 約1年前に私がKさんと出会った頃、Kさんはベッド上で過ごすことが多く、病気の影響で身体中に痛みがあり、常時の下痢に悩まされていました。ベッド上でのおむつ交換が1日10回以上必要で、少しでも肌への負担を減らすことができるよう差し込み便器を使うなど試行錯誤されていましたが、便がお尻について肌が赤くなり痛みを伴っていました。
奥様は歌うことが大好きで、明るくポジティブな方ですが、持病の変形性関節症による手の痛みも強くなり、日に日に介護負担が大きくなっていました。
自動排泄処理装置キュラコ
そんな中、ケアマネジャー様と娘様が弊社レンタル品の
『自動排泄処理装置 キュラコ』を見付け出し、ウィズに連絡を下さいました。

『キュラコ』とは、寝たままトイレができる介護ロボットです。

レシーバーを陰部に装着しておくと、大小便を感知し排せつ物を吸引、温水でビデ・おしり洗浄、温風乾燥までを自動で行います。

デモをしてすぐに、奥様は介護がとても楽になったと感じられました。おむつ交換の時間を気にせず気兼ねなく買い物に行けるようにもなりました。

そしてKさんのお尻のただれはみるみる良くなりました。
Kさんご自身も以前はいつも便が溢れ出ないか、大丈夫かと心配されていましたが、今は随分気が楽になったようです。
Kさんとキュラコ
Kさんは病状が安定しておらず、薬の影響で便の状態が変化するのですが、その変化に合わせ洗浄時間や吸引回数を細かく設定変更できるのもキュラコのすごいところです。
 Kさんがキュラコを使用され約1年になります。
導入当初は陰部に装着するレシーバーの取り付けや操作手順に試行錯誤されていた奥様でしたが、
今では「もうキュラコなしでは考えられない」とおっしゃられています。
 今後も奥様やケアマネジャー様と相談しながら、福祉用具専門相談員としてKさんのお気持ちに寄り添い、お身体の状態に合わせた住環境整備の提案を行っていきたいと考えております。


           株式会社 ウィズ 吹田
           福祉用具専門相談員 山本 裕介

新しい門出

2021-06-03
新しい門出
今年4月下旬にお母様とご一緒にショールームに来店された36歳のTさん。
障がい者日常生活用具給付制度を利用し、電動ベッドの給付を希望され、
申請手続きを進めさせていただきました。
5月より一人暮らしをスタートされたAさん。今までの生活歴や本人様・お母様の思いを伺ってみました。
素敵な笑顔のTさん

 1歳半の時に、血友病を発症したTさん。脳内出血による後遺症により、身体障がい手帳と、療育手帳を取得されます。血友病による膝関節内での出血が繰り返されることで、軟骨が徐々に溶け、中学2年生の時から車椅子生活となりました。現在も出血を防ぐため自己注射を週4回継続されています。

18歳の時には自立訓練を行うため、1年間宿泊型訓練施設へ入所。そこでの友達との出会い等を通し、親元から離れ、自立して生活することを意識するようになられました。

今までお母様に頼っていた定期的な注射も、一人でもできるようにと、入院して自己注射の方法を習得されます。ご家庭の事情や、市営住宅の抽選事情等もあり、すぐに実現とはなりませんでしたが、今回16回目の抽選でようやく市営住宅での一人暮らしが実現しました。

整形外科に通い、自宅でできるリハビリに取り組まれたことで、以前よりも歩けるようになられたAさんですが、やはり床からの立ち上がりは膝に大きな負担がかかります。また膝の出血が再発した場合は、止血剤を打ち、安静が必要で、足を動かすこともできないため、電動ベッドの利用は生活に欠かせない状態です。

無事、電動ベッドが自宅に設置された時には、安堵の表情を浮かべられていました。

職場で注射をされるTさん

命に関わるような病気で、当初は12歳までしか生きられないと言われていたTさんは、「今でも不思議に思うことがあるんです。なんでここまで生きることができたのかなって。神様が助けてくれたんですね。」と話して下さいました。

 

 そしてお母様は今まで難病である「血友病」という病をあえて伏せてはこられなかったそうです。それはAさん自身に病気を後ろめたく感じて欲しくなかったから。「病気と向き合い、車椅子など福祉用具を活用して成長していく姿を見守りながらも、親がいつまでも一緒にいてあげることはできない。周りに支えもらうこともあるだろうけど、子供が自立して生きていくことが私の子育ての最終目標でした。」と語ってくれたお母様。

そして、そのお母様の思いをしっかり受け継がれたTさんの覚悟があってこその新しいスタート。

その大切な節目に、福祉用具を通じてウィズが関わることができ、とても光栄です。


          株式会社ウィズショールーム
         福祉用具専門相談員 三鍋千穂

快適な環境作りで1人暮らしが実現!

2021-05-01
快適な環境作りで1人暮らしが実現!
浴室。浴槽またぎの際の手すりとシャワーチェア購入

『今が一番楽しい』と喜色満面のAさん


 結婚後はご主人とお商売をされ、家事、育児を担いながらも、旅行、お買物と活発な生活を送られていました。ご主人の逝去を機に娘さんと同居となってからも、家事、愛犬の散歩と役割をもち、楽しく過ごされていました。


 Aさんに出会ったのは約半年前。持病の脊柱菅狭窄症が悪化し、腰からふとももにかけて、しびれと痛みで歩けなくなるほどの苦しさと、転倒の不安から外出されなくなり、生活意欲の低下が見られました。理学療法士、福祉用具専門相談員、ケアマネジャーが連携し、リハビリ訓練、歩行器の貸与などを実施、身体機能は徐々に向上し、1人で外出できるまでに改善されました。

トイレ。立ち座りの際の手すり

ところが、今年1月、娘さんの結婚を機に一人暮らしを決意され、引っ越しとなります。

住まいは日当たりが良く一目で気に入ったものの、住環境の変化はご本人に多くの問題を投げかけました。玄関、リビング、台所や浴室の至るところに段差があり、転倒の危険にAさんの不安が募ります。


ケアマネジャーに「何とかしてほしい」と連絡があり、チームで住環境を見直すこととなりました。


各段差の場所にレンタル対応の手すりを設置、浴室には浴槽用手すりとシャワーチェアを購入されました。

快適な住環境となったことで、一人暮らしに自信をもち、以前にも増してアクティブな生活に。今では友人を招きお料理をふるまったり、フラワーアレンジメントに通うなど楽しみを持たれています。「皆さんのおかげで、歳をとってもこんなに楽しい生活が送れるのは幸せです」と感謝の言葉をいただきました。利用者様や家族様からの感謝の言葉は『宝物』です。

今後も、より多くの方に幸せが提供できるように頑張ってまいります。

 

株式会社ウィズ西営業所 

介護支援専門員 間  雪江

A様の作品。フラワーアレンジメント
リビングに入る際の手すり
仏壇までの移動の手すり
台所の出入り口の手すり
玄関から部屋に入る際の手すり

初めて介護保険サービスを利用して。体重が6㎏増えた!

2021-04-02
初めて介護保険サービスを利用して。体重が6㎏増えた!

Aさんは57歳の男性です。


脱サラをして新規一転、焼き鳥屋さんを開業!

お母様の協力も得て順風満帆で頑張っておられたのですが、49歳の時、足が震えるなど身体に異常を感じ、病院を受診され、パーキンソン病の診断を受けられました。


しばらくは通院治療を続けておられましたが、52歳の時

口腔がんを発症し、9カ所もがんが見つかりました。

21時間30分の大手術の後、5カ月間入院して、なんとか日常生活を送ることができるところまで回復されました。


ところが年々ご飯が食べづらくなり、体重も減り、歩くときにふらつくなどいろいろな不安が増してこられました。

リハビリをしたら少しでもよくなるのではないかと考えられて、ご自身で役所に相談に行かれ、介護保険の申請をされました。

要介護2の認定が下り、そこからケアマネジャーとして私とAさんとの関わりが始まりました。


初めてお会いした時は、身長が173㎝あるのに、体重が46㎏。

口腔がんの後遺症で唾液が止まらず食事がしづらいし、お茶や水を飲む事も難しいとのこと。

ST(言語聴覚士)によるリハビリが必要ではないかと考えましたが、ご本人がまずはしっかりと歩けるようになりたいと強く希望されました。

自転車で行ける自宅近くの機能訓練特化型のデイサービスを利用することになり、まずは週2回から開始。


最初は体力的な心配があったのですが、案ずるより産むがやすし…


たった1週間で同居のお母様から「体重が2㎏増えたのよ!」と喜びの声をお聞きし、半月後にお伺いすると、さらに意欲的になっておられ、追加のサービスとしてSTのリハビリを希望されました。


自宅での嚥下や発声のリハビリが週1回から始まり、すぐに週2回に増やされました。

1カ月後に訪問すると、お母様から「体重がまた増えて52㎏になったの!6㎏も増えたのよ!」と喜びの声を聞くことができました。食事が以前よりだいぶんスムーズに食べられるようになったそうです。発声についても、もともと陽気で話好きな焼き鳥屋の大将でしたから、会話を楽しめるようになりたいと意欲的に発声練習をされました。


私自身もお話をする時、非常に聞き取りやすくなりましたし、デイサービスやリハビリでもお話し上手で、笑いが絶えず、コミュニケーションを楽しまれています。 

 

介護保険サービスの利用を開始してそろそろ4カ月。

また新たな目標を一緒に考えていきたいと思います。

⑥家族に支えられて、研究を継続

2021-03-01
⑥家族に支えられて、研究を継続
 ご夫婦二人暮らしのAさんは、今年91歳。
退職後、民生委員や保護司などをしながら地域で活躍され、その中でも一番力を入れておられたのが地域郷土史の研究でした。
郷土研究会の名誉会長として市民講座の講義をされるなど、忙しくも意欲的な日々を送られていました。

 そのAさんが脳梗塞で倒れました。幸い発見も早く手足の麻痺もありません。
退院し元の生活に戻りましたが、その後に感じたのが目の異変でした。
検査を受けると、脳梗塞の後遺症で視野が狭くなり、視力も低下していることが分かりました。
研究資料が読みにくくなり、原稿も思うように書けなくなりました。
持病の腰痛も悪化し、気力も体力も落ちたようです。

 落ち込んでいるAさんのために、奥様はご自分も足に不安があるにもかかわらず、
一緒に歩こうと外へ誘い運動の機会を作りました。

 そして、隣市に住む娘様が市役所で「拡大読書器」という器械があることを知り
「使わせてあげたい」と私に連絡を下さいました。
「拡大読書器」はテレビ画面に文字等を大きく、鮮明に映し出すことが出来る補助具です。
視覚障がいの方の日常生活用具にも認定されており補助金が給付されます。
弊社の福祉用具専門相談員が訪問し、数社の器械を試してもらいました。
娘婿様も設置場所や読書姿勢のことなどいろいろ意見を出して下さいました。
障がい者手帳の申請も決断され、補助金で購入することが出来ました。

 Aさんは訪問する度に「これは便利な器械や。みんなのおかげ」と笑顔で話して下さいます。
残念ながら、現在のコロナ禍で市民講座などは開催されず講師活動も中断となっています。
しかし、社会が落ち着いたらまた講義もできるようになると妻と一緒に体を鍛え、
お気に入りの拡大読書器で調べものをし家族に見守られながら、今も研究を続けておられます。

 実はAさんの郷土史講座は私も生まれた地域です。
Aさんの講座が再開され、いつか私も受講出来る日が来ることを楽しみにしています。

 

株式会社ウィズ 吹田営業所 介護支援専門員 橋本裕之

~ウィズ便り~について
~ウィズ便り~は弊社のご利用者様、居宅介護支援事業所等にお配りしております。
ご購読を希望の方は各営業所及び弊社社員へお申し付けくださいませ。
TOPへ戻る