本文へ移動

ナーシングラッグQ&A

Q1 ナーシングラッグに、尿・便が付着した場合は?
A できるだけ早く水洗いで流してください。
そのあと通常の洗濯で再洗いされることをお勧めします。
便や尿を付着したままで放置されると、ナーシングラッグの劣化の原因となります。
 
Q2 ナーシングラッグに、血液が付着した場合は?
A ウールの部分に少量付着したような場合は、拭き取るだけでOKです。
多量に付着した場合は、【Q1】と同様に処理してください。
 
Q3 ジュース・お茶などをこぼしてしまった時は?
A すぐに拭き取ってください。
また、ひどい場合はその部分だけでもすすぎ、よく乾燥させてからお使いください。また、そのまま放置された場合でも劣化するようなことはありません。
 
Q4 ナーシングラッグの毛が寝て、弾力がなくなった時は?
Aナーシングラッグのウール1本1本はすべてキューティクルに被われており、人間の髪の毛と同じ組成をしています。したがって、お手入れ方法も髪の毛と同様と考えていただいてよいと思います。
ねぐせを直す場合によく水でぬらしたりしますが、ナーシングラッグも同様です。霧吹きや濡れタオル等でウールを濡らして干すことによって、弾力がなくなったウールが元に戻るのを助けます。洗濯されることも同じ理屈でウールに非常によい効果をもたらします。また、毛がへたった状態のままご使用になられると、ウールとウールが絡んで毛切れの原因となります。このとき切れたウールがまた他のウールに絡むといった現象が連続的におこって、最終的にフェルトのような状態となってしまいます。こうなると床ずれ予防効果が著しく減少してしまいますので、できるだけこまめなお手入れが効果的です。
 
 
Q5 ナーシングラッグの上に、シーツや防水シーツを敷いてもよいでしょうか?
A 問題ございません。
ただ、防水シーツを敷くと床ずれの予防効果は減少します。
 
Q6 エアーマットの上に敷いてもよいでしょうか?
A 問題ございません。
エアーマットの体圧分散とムートンの吸湿性で湿気を取り除きますので床ずれ予防としてより効果的にお使いいただけます。
 
Q7 ナーシングラッグは夏場には使わないのですか?
A 夏場でも快適にご使用していただけます。
ムートンをクーラーで冷やしておくとより快適に使用できます。
あまり多汗な方の場合は、薄いシーツ等をカバーとして使われてもよいと思います。
通気性と吸湿性に優れ、 熱伝導が非常に低いので、夏は涼しく、冬は暖かく一年中ご使用いただけます。
 
Q8 こたつ、電気毛布、電気アンカを一緒に使っても大丈夫?
A 問題ございません。
通常使用されているように使っていただけます。
 

 
TOPへ戻る