在宅支援事業

福祉用具販売

介護保険による特定福祉用具(特定介護予防福祉用具)購入って?

介護保険制度では要介護度ごとの毎月の利用限度額とは別に毎年10万円を上限枠として1割のご負担で特定福祉用具の購入ができます。

ご利用の手順

要介護者の場合、要支援者の場合 手順の説明

購入対象となる5種目

1.腰かけ便座 2.自動排泄処理装置の交換可能部品 3.入浴補助用具 4.簡易浴槽 5.移動用リフトの釣具の部分

ページトップへ