在宅支援事業

介護保険制度

介護保険制度について

介護保険の利用手続き

1.市区町村の窓口へ申請
2.調査員の訪問
3.コンピュータによる1次判定
1.介護認定審査会による2次判定非該当と認定認定要支援1~5(ケアプランの作成)→要介護→介護サービス(居宅サービス、施設サービス地域密着型サービス)
要支援1~2(介護ケアプランの作成)→要支援→介護予防サービス(居宅サービス、地域密着型サービス)
非該当(特定高齢者、自立/介護予防ケアプランの作成)→特定高齢者→介護予防事業(地域支援事業) 加入する方(65歳以上の第一号被保険者→要介護者・要支援者)→特別徴収・普通徴収
(40歳から64歳までの第二号被保険者→要介護状態・要支援状態になった場合)→加入している医療保険の保険料に上乗せして支払い高齢者が住み慣れた地域で尊厳である生活を継続できるよう、市(区)町村が主体となって設置された機関です。
主な役割1.組合相談支援2.高齢者の権利擁護3.包括的継続的ケアマネジメント支援、介護予防マネジメント 支給限度額は保険者・サービスによって異なります。

ページトップへ